close
設計・パッシブデザイン

ホーム/新築・注文住宅/原工務店の家づくり/設計・パッシブデザイン

パッシブデザイン 〜光と風を設計する〜

住む人の生命財産を守り、気持ちのよい豊かな生活を送っていただける住まいづくりのご提案。


敷地をよむ 

隣接する建物や窓の位置、道路の接道方向、風の流れる方向、日照の得やすい向き、借景となる風景など敷地にはそれぞれ個性があります。また、電気やガス、上下水道などの設備、法律的な制約なども調査します。家を計画する際にはこれらの諸条件を把握しその家にとって最適な敷地の使い方を提案します。


太陽とうまく付き合う 

太陽は私たちに明るい光とぬくもりを与えてくれます。ただし上手な付き合い方を求められます。
たとえば、夏と冬、太陽の日の出から日の入りの動きは大きく違います。
夏の厳しい陽射しはなるべく避けて、冬の暖かい陽射しは積極的に取り入れるように考えます。
そのために太陽の一年を通した動きに上手く合わせた建物や窓の向きや配置、植栽をご提案しています。
 


心地よい風を求めて

爽やかな春の風、夏の心地よい風、キンモクセイの薫る秋の風。
そんな四季折々の風を感じることができる風通しの良い家は気持ち良くて快適です。通常日本では、南北方向の風の流れを意識して考えるのですが山口県内でもそれぞれの地域で微妙に、時には全く違うことがあります。
ですから敷地の環境をしっかりと調査し、計画する地域のデータに基づいて風を呼び込む窓、風を送り出す窓の位置などしっかりと検討して提案します。
 


空間を考える

タテにヨコに、のびのびと広がる空間には、気持ちよく快適に暮らせる工夫がいっぱいです。
例えば内と外をつなげるウッドデッキは、ダイニングやリビングにつなげると行き来しやすく、お互いのコミュニケーションが生まれます。
家のどこにいても外の景色とつながっている空間は自然の光や風を取り込み生活に豊かさを与えてくれます。

 


会話がはずむ家

2階を見上げると上からお子様がのぞき込んでいる。吹抜けはそんな風に家族の心地よい気配を感じさせてくれます。家族の団欒スペースを住まいの中心に考え、オープンな間取りを基本的にご提案します。
プライバシーの必要な最低限の空間以外は可能な限りオープンで家族がそれぞれの空間にいても、なんとなく気配を感じて安心できるような心地よい空間を大切にしたいと考えています。


空間を有効につかう

ハラテック工法で組み上げられたダイナミックで木組みが美しい勾配天井。
そこに生まれる空間はいわゆる「小屋裏」です。
私たちはこの空間を最大限活用して3階建てもしくは「ロフト」を提案します。
収納のプラスアルファとして、隠れ家的な書斎や、趣味の部屋など工夫次第でいろいろな使い方ができます。考えただけでもワクワクしてきますね。