close
暮らしの提案

ホーム/新築・注文住宅/原工務店の家づくり/暮らしの提案

より豊かな生活を

少し贅沢かもしれません。でもなんだかこれ一つあればすごく生活が豊かになるような人にも環境にもやさしいご提案です。


ペレットストーブ

ペレットストーブは自然エネルギーである木質ペレットを燃料とする、環境にやさしく、現代の暮らしにも取り入れやすい暖房機です。薪ストーブに比べて手間の少ない固形燃料で「火」のある暮らしが手に入ります。ペレットとは山林の伐採や木片、端材、木くずなどから圧縮成型された燃料の事で不純物が少なく、保水率や燃焼効率も良いので「煙が少ない」「灰が残りにくい」といった特徴があります。また、二酸化炭素の増減に影響を与えない性質を持つことから環境にやさしい面がクローズアップされています。


一袋10キロ(約1日分)

手を汚すこともありません

次世代ソーラーシステム そよ風

そよ風を採用された誰もが驚くのはその室内の快適さです。蒸し暑い夏には目覚めると高原の爽快感、厳しい冬の夜には陽だまりの温もりを感じさせてくれます。
太陽熱や夜間の放射冷却を利用して屋外の新鮮な空気を暖めたり、冷やしたりして室内に導入する「そよ風」は環境に負荷を与えず、人にやさしい温熱環境を生み出す装置です。

ソーラーシステム《そよ風》のしくみ


日射があれば、朝から太陽熱で屋根は暖まります。屋根の下側を流れる空気も暖まり、その暖まった空気を自動的に室内に取り込み、床下に送り込みます。
床下のコンクリートを時間をかけてゆっくりと暖め、蓄熱します。そこで暖められた温風は床下一面に広がり、やがて吹出口から室内へ放出されます。室内へと出てきた空気は、さらに家中に広がり、家全体を太陽のぬくもりで満たします。

夏の日射で熱くなった屋根の空気は、北側の屋根の上で排出されます。
暑い日には、エアコンを入れて循環運動をします。
ファンが動き、3Fの空気がリターン口から床下(または1F)に送られ、同時に1Fの空気が3Fまで上がってきて循環し、涼しい空気を家中に広げることもできます。
夏の室温は夕方になっても高いままで推移し、なかなか下がりません。でも、夜になると外気温が下がり、室温より低くなると、【そよ風】は冷たい外気を自動的に室内に取り込みます。

ソーラーシステム《そよ風》の7つの特徴

《そよ風》を住まいに採用して誰もが驚くのは、その室内の快適さです。蒸し暑い夏には目覚めると高原の爽快感、厳しい冬の夜には陽だまりのぬくもり。

  1. システムがシンプルでリーズナブル
    《そよ風》の部材は大変シンプルにできています。かさばらず小屋裏空間が広く利用できます。また家の規模によって、機材・部材の組み合わせを変えることができるため、費用もたいへん経済的です。
  2. 設置計画や施工が簡単
    《そよ風》は小型軽量部材の組み合わせによって構成されているため、配置計画や施工が簡単です。
  3. メンテナンス・機材交換が簡単
    工夫を凝らした機材設計により、メンテナンスや機材交換が簡単です。
  4. 夏に室内が暑くならない
    従来の空気集熱式ソーラーシステムでは、夏の排気を屋内にあるファンボックスを通して行うため、夏に室内が暑くなります。《そよ風》は、夏の日中の排気を屋根の上で行う構造のため、夏季、室内が暑くなることがありません。小屋裏も部屋として利用することができます。
  5. 家中の温度を平準化できる循環機能
    温風・涼風の取り入れ時以外、循環機能を働かせることができます。この循環機能により、夏冬を問わず、家中の温度を平準化することができます。
  6. ガラスのいらない集熱屋根
    採熱板を利用することで集熱屋根のガラスを省くことができます。そのため施工やメンテナンスが非常に簡単・安全です。
  7. 暖房・涼風・循環・お湯採り・融雪ができる
    《そよ風》は暖房・涼風・循環の機能が標準で付いています。またオプションでお湯採り・融雪機能を設けることが可能です。

無添加住宅

無添加住宅は私たち原工務店の住まいをより天然素材、健康素材にこだわった住まいです。「シックハウス症候群」や「化学物質過敏症」にお悩みの方のご相談も受け付けています。
体に悪いものは使わない。そんな当たり前のことに目をつぶり、コスト優先で、化学建材を多用した工業化住宅をつくり続けてきた日本の住宅産業。その結果シックハウス問題は起きてしまったのではないでしょうか。
無添加住宅は、合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきた会社です。建材に使う天然素材は吟味に吟味を重ね、化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」住める家のご提案です。

シックハウス*1保証

無添加住宅(Cタイプ・Sタイプが対象)に新築ご入居されたお客様において、無添加住宅施工代理店からの完成引き渡し後3年以内にシックハウス症候群を発症した場合、株式会社無添加住宅と施工代理店が協力して症状が改善するまでメンテナンス(再工事)を保証するものです。
無添加住宅ウェブサイト

*1 シックハウス症候群とは、新築直後の室内空気汚染によって引き起こされる病気です。一般的な住宅では、建材や建材関連品に、大量の揮発性化学物質が使われており、それらが原因となって発症します。家の中に入ると目がしみる、涙が出てくる。鼻水が出る、鼻が詰まる。喉が痛い、動悸がする、頭が重いなど、様々な症状が現われるようになります。患者数は全国で100万人以上とも言われています。元来アレルギー疾患のあるお子様の場合、アトピー性皮膚炎や小児気管支喘息が悪化する場合もあります。また、シックハウス症候群が悪化すると、慢性的に化学物質に激しく反応して、通常の日常生活をおくることすら困難になる 化学物質過敏症を発症することもあります。


ZEH

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を高いレベルにするとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。簡単に言うと、「消費したエネルギー以上のエネルギーを自宅で創り出す住宅」で、地球環境に大きく貢献します。
私たちはこの取り組みに賛同し、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言し「ZEHビルダー」として登録しています。基本性能は標準仕様でクリアできていますので、太陽光発電システムやHEMS採用などで対応可能です。お気軽にご要望お伝えください。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページや完成見学会を通じて、より多くのお客様にZEHや支援事業の補助金についてお客様に知っていただけるようにします。また、ZEHについてお客様にわかりやすく説明できる資料作成をし関心をもっていただけるようにします。

ZEHのコストダウンにむけた具体策

ZEH仕様の標準仕様を設定し、標準化に取り組み、施工費用のコストダウンが図れるよう努めます。
また、日射や通風等の自然エネルギーを効果的に利用しパッシブデザインを取り入れコストダウンの効率化を図ります。

その他の取り組みなど

ZEHやパッシブデザインに関連した省エネルギー対策の勉強会へ積極的に参加し社員の知識と技術の向上を図ります。

ZEH普及率目標

年度 目標 実績
平成28年度(2016年) 5% 0%
平成29年度(2017年) 15% 10%
平成30年度(2018年) 20%
平成31年度(2019年) 30%
平成32年度(2020年) 50%