close
サエラ住宅展示場

ホーム/新築・注文住宅/住宅展示場/サエラ住宅展示場

ぬくもり香るデザイン住空間

無垢の桧としっくいで設えた山口展示場「爽よ木」は、木のぬくもりと爽やかな風が吹き抜ける住まいをデザインした展示場です。
tysハウジングプラザ山口サエラは、2018年5月6日をもって閉場し、2019年1月に新展示場としてリニューアルオープンします。


3F 冬暖かく夏涼しい次世代ソーラーシステム「そよ風」

太陽熱を利用した次世代ソーラーシステム「そよ風」は、涼風・暖房・換気・循環を備えています。

日射があれば、朝から太陽熱で屋根は暖まります。屋根の下側を流れる空気も暖まり、その暖まった空気を 自動的に室内に取り込み、床下に送り込みます。 床下のコンクリートを時間をかけてゆっくりと暖め、 蓄熱します。そこで暖められた温風は床下一面に広が 、やがて吹出口から室内へ放出されます。室内へと 出てきた空気は、さらに家中に広がり、家全体を太陽 の温もりで満たします。


2F 屋根は卒業して、アウトドアリビングに。

戸建ての木造住宅の屋上の空と緑と、風の吹き抜けるプライベートガーデンを実現します。

室温低下

通常建物の屋根は太陽により熱せられるため、夏には階下にも高い温度が伝えられます。しかし、屋上庭園は緑地部分などの表面温度は瓦に比べ約17度低く(気温33.8度)、また、植栽基盤などの舗装材の持つ断熱効果によって、約3度の室温低下が報告されています。

安心庭園

地上レベルの庭では得られない特別な開放感が得られ、他者の侵入や同道路への飛び出しの心配もありません。屋外にいながらリビングのようにくつろげる家族だけの空間です。もちろん、屋上緑化専用防水や、自動水やりシステムの採用で、メンテナンスも安心です。


1F 日照と通風に配慮した、家族団らん空間

建物は太陽の向きに合わせて配慮し吹き抜けや採光窓で、自然の通気性を向上させた空間です。

深い軒と庇

昔の家は、壁を雨や直射日光から守るために深い軒を持っていました。夏は太陽の位置が高いため、深い軒で日差しが直接部屋内に入るのを防ぐことができます。一方、冬は太陽の位置が低いため、部屋の奥まで日差しを迎え入れることができます。四季折々で変化する太陽の動きにあわせた設えです。

吹き抜け

通常日本では、南北方向の風の流れを意識しがちですが、日本各地、山口県内の各地域でも年間を通した風の向きに違いがあります。計画する地域のデータに基づいて風を呼び込む窓、風を送り出す窓の位置を考えて計画します。さらに、音や香りなど、家族の気配が伝わります。


アクセス

住所 〒753-0293 山口県山口市大内長野511番地「爽よ木」展示場内
連絡先 TEL 083-941-0288
FAX 083-941-0278
営業時間 10:00~17:00(毎週水曜日 定休日)