close
住まいの訪問記

ホーム/住まいの訪問記/暮らしの真ん中に明るい笑顔と手づくりのぬくもりがある家。

2018/02/16

暮らしの真ん中に明るい笑顔と手づくりのぬくもりがある家。

絵や工作が得意な長男S君の作品が、家の至る所に飾られたとてもオシャレなFさんの木の家。住宅が建ち並ぶ団地の中で、大屋根スタイルのその個性豊かな外観はひと際目を引きます。
 
「ずっと木の家に憧れていて、原工務店で家を建ててもらう!とずっと前から決めていました。だから住宅展示場に行っても、原工務店のモデルハウスしか見に行きませんでした(笑)。特に勾配天井と開放的な空間が気に入りました。」原工務店がつくる木の家のファンだったという奥様。地元の工務店であること、そして魅力的な木の家であることが条件でした。

9割は奥様のご要望。ご主人は奥様の提案に「いいよ」という言葉だけだったといいます。「夏は涼しくて冬は暖かい」とその出来映えにご主人も納得。
 一番のこだわりは間取り。玄関横に設けた家族専用の大容量の収納スペースやウォークインクローゼットを通って浴室、洗面所、トイレへと行ける動線。親との同居も見据えて独立させた和室など家族のライフスタイルに合わせた間取りが提案されています。
 「L型のリビングダイニングは、設計士さんからの提案です。おかげで私が台所に立っていてもリビングにいるこどもに目が届くので安心です。」この家に暮らし始めて丸2年。毎日の暮らしの中で、住み心地を実感している様子が伝わってきます。

「雪の日に上を見上げると天窓に降ってくる雪がとってもきれいだったよね」という奥様の問いかけに少し恥ずかしそうに「うん」とうなずくS君。季節の移ろいを感じながらこどもと共に過ごす時間をとても楽しんでいる。季節に合わせて飾り付けをしたり、こどもの描いた絵や工作を飾ったり、家族が集まる空間は、いつも楽しさで溢れています。これからもこどもの成長と共にその楽しみ方は形を変え、家族の歴史をつくっていくでしょう。

ダイナミックな木組みと開放的な空間が印象的なリビング。家族でリビングのソファに座って上を見上げるのが日課なんだとか。このソファがこの家の一番の特等席かもしれません。


左) 木のぬくもりが伝わるダイニングキッチン。リビングの扉を開けるとすぐ目に入る場所なので、収納も木の扉で統一。
右) あえて壁をつくらず背の低い収納家具で2つの空間を仕切ったこども部屋。壁の一部を黒板にした遊び心ある空間です。