close
住まいの訪問記

ホーム/住まいの訪問記/一目惚れの家~それが私たちの住むLLBstyle~

2018/02/16

一目惚れの家~それが私たちの住むLLBstyle~

 「ここに決めた!そんな感じの一目惚れでした。」夫妻が口を揃えてそう語る。家を考え始めたちょうどその頃、LLBの折り込み広告が奥様の目にとまる。ご主人を伴って、見学会会場へ。「もっと他のメーカーや工務店をまわるつもりでいましたが、見学会で見た印象が脳裏に焼き付いて離れなかったんです。だからこの家1本と決めました。それに営業の村谷さんとのご縁を感じました。強くおす所がなく、親近感があり、きっと村谷さんじゃなかったら建てなかったですね。」奥様がLLBstyleを選んだ理由を明かしてくれました。

 夫妻は、予算と建坪の関係から要望はあまり膨らませず、3階が欲しい、3階の床にはコルク床を使いたい、木をたくさん使ってほしい、この3点だけ。「コの字型の難しい土地をうまく活用してくれ、隠れ家的な家になりました」とご満悦のご主人。「他社で家を建てた友人が来たら、自分の家と全然違うと言ってみんな驚くんですよ。私たち以外の人がこの家のいい所を語ってくれるんです(笑)」と奥様。自分たちの要望をはるかに超えた提案とその出来映えに納得されている様子が伺えます。

 夏は、1階の窓を開けると、風が家全体に抜けクーラーを付けなくても涼しく、寒い冬の日でも不思議と家の中は暖かく、家の奥まで陽射しが差し込むという。周囲の環境や家の配置、陽射しの入る方向や風の向きなど家づくりにじっくりと向き合った結果だろう。

 「建てている時もみんなの仲間意識が強くて、ここに決めて良かったと思えました」最後にしみじみそう語る奥様。住まい手にとって快適な暮らしとは、つくり手との信頼関係によって紡ぎだされるものなのかもしれません。きっとこの先もその信頼はゆらぐことはないでしょう。

ダイニングキッチンに面した大きな窓からは、明るい光が部屋全体にさんさんと注がれ、日中でも室内は明るい。風も抜け、家族が集う空間はいつも心地いい。
当初は、アイランド型キッチンに抵抗があったという奥様。いざ使ってみると、その使い勝手の良さにビックリ!今ではこどもと一緒に並んでお料理を楽しんでいます。

 延床面積120.0㎡