close
住まいの訪問記

ホーム/住まいの訪問記/どこか懐かしさを感じる和風モダンの家

2018/02/16

どこか懐かしさを感じる和風モダンの家

家族の笑い声が、いつも聞こえてきそうなT様邸。

昔の日本の家のように軒が深いのが特徴の外観。外観は奥様たっての希望でイメージした色調とデザインで仕上げ、窓から漏れる明りに家族の温かさを感じられる雰囲気となりました。

ある住宅展示場内のモデルハウスにぶらっと立ち寄ったその日を境に、メーカーから家の計画話を持ちかけられるようになった。そんなある日、ご主人はふと冷静に戻り、「自分たちが本当に住みたい家とはどんな家だろう?」と真剣に家を建てることを考え始めました。以来、多数の見学会に足を運ばれたそうです。

契約後もそして建築中もご家族で見学会に積極的に足を運び、自分たちの求める住まいを探究し続けたそうです。

結果、完成した家は、こだわりとアイデアで溢れている。例えば、階段を利用した収納や子供部屋のロフトの間仕切り。将来、二人の娘さんとキッチンに並んで立てるようにと設えたL字型キッチン+造り付け収納、小さな子どもでも手が届くように通常より低めに取り付けたスイッチなど、家族の日々の暮らしやすさと快適性が重視されていました。

「じっくり吟味し、いろんなアイデアを取り入れ、こだわり抜いた家なので、住んでからは、ここをこうすれば良かった、という思いはなく満足です。担当の営業の人も素敵に対応して下さり思いどおりの家が建ちました。」と、ご満悦な様子。ご夫妻の「住み心地のいい家をつくりたい」という信念がこうして形になりました。

T様邸 延床面積126.00㎡(38.11坪)