close
住まいの訪問記

ホーム/住まいの訪問記/大屋根の和モダンの家

2018/02/16

大屋根の和モダンの家

ご長男の小学校入学前に、通勤にも便利なところに家を建てようと思ったのが、S邸の家づくりのはじまりです。どの会社に家づくりを依頼しようかと検討していたときに出会ったのが、国産の無垢材や自然素材を使った注文住宅を手がける地元の原工務店。問題の土地探しも営業担当により街を一望する高台の土地を手に入れることができました。
 Sさんが家づくりで最もこだわったのは、吹き抜けのリビングと大屋根の外観。希望通りに堂々の大屋根の佇まいには梁を現わし、白壁とのコントラストが鮮やかです。2階ともつながる吹き抜けのリビングは
勾配天井の大空間に渡された、8メートルもある地松の太いタイコ梁がダイナミック。壁は珪藻土で仕上げられ、室内の建具は全てオリジナルデザイン、無垢材で造作されています。

Sさんの家づくりは、時代を重ねた大きな台湾ヒノキの一枚板と出会えたことも、なにより印象に残るトピックです。大きなカウンターテーブルは、家族の集いの中心として、子どもたちの成長と笑顔を育んでくれるでしょう。二度と手に入らない素晴らしい素材との出会いもあり、Sさんが思い描いた以上に味わい深く、心地よい住まいとなっているようです。


土間からお客様を直接お迎えすることができる和室は、出書院風の窓を設け、モダンな半帖畳を敷きつめています。障子を開け放してリビングとひとつながりの空間を楽しむ際にも、一体感のあるインテリアデザインです。

2階ホールの一角に、造作の洗面台。無垢の木目が現れた美しくシンプルなデザインと、その温かみが魅力。廊下はもちろん、天井にも無垢材がふんだんに使われていて、家中どこにいてもホッとくつろげる雰囲気です。

S様邸 延床面積196.40㎡