close
住まいの訪問記

ホーム/住まいの訪問記/風と光を取り込むナチュラルハウス

2018/02/16

風と光を取り込むナチュラルハウス

青空に映える真っ白な壁に木のアクセントが印象的なM様邸。
当初、奥様の実家を建替えるか新築にするかを悩んでいたご夫妻。そんな時、偶然にも実家からほど近くにぴったりの場所を見つけ、家族4人の家づくりがスタート。

Mさんご夫妻が原工務店の家を知ったのは、奥様のお母様が、知人が建てた家を見たのがきっかけ。「すごく可愛くてよかったわよ」というお母様の言葉を耳にし、早速モデルハウスへ。
「まだ肌寒い時にサエラの『爽よ木』へ行きましたが、室内がとってもあったかかったんです」
当時の印象を語るご主人。「木のいい香りがして、新築独特の匂いが原工務店の家は唯一なかったので決めました」奥様が最後の決め手となった理由を話してくれました。

風のとおり道、光を空間いっぱいに取り込むよう設計されたように、南面に設けた1階の大きな掃き出し窓から入る風は、リビング、ダイニングを通り、キッチンのある北の窓から吹き抜けていく。

玄関を入った瞬間から感じる、明るく広々とした印象。それを効果的に演出しているのが、構造梁を見せて高さを出した天井や無垢の床、そして無添加漆喰で仕上げられた清々しい壁だろう。

「住み心地は抜群です。木のぬくもりを日々感じています。」と、ご主人。明るく心地いい住まいにご納得の様子。

奥様一番のこだわりはやはりキッチン。タイルの床や造り付け収納など使い勝手とデザインどちらも重視。その出来映えに奥様も満足されています。

光が充分に行き渡るこの家では、無垢材が日焼けや経年変化により深みを増す様子を楽しむことができる。
また、これから床や壁に少しづつ増えていく傷も子どもたちの成長の証として家族の喜びに変わっていくことでしょう。

M様邸 延床面積113.00㎡(34.18坪)