close
住まいの訪問記

ホーム/住まいの訪問記/陽だまりの温もりに包まれた木の家

2018/02/16

陽だまりの温もりに包まれた木の家

色鮮やかに育った芝生に庭へと続く広いデッキが印象的なY様邸。
ほんのりと飴色に艶がかった梁や柱がいい風合いを醸し出している。

陽あたりのいいこの場所に家を建てたのは、ご夫妻と3歳になるお子様の3人家族。
「木の家がいいね!」それがご夫妻共通の合言葉。

ご主人のお仕事柄、様々な家を見る機会が多く、その中に原工務店の家もあり「いいな。」と以前から思っていたという。
偶然にもご主人と担当営業が高校時代の同級生という運命的な巡り合わせがあり、ご夫妻の木の家づくりがスタート。

「家族がくつろげる家。落ち着ける家。」をテーマにご主人が積極的に間取りを考え、ご夫妻の思いを凝縮させた。

「キッチンの作業音が気になるので、リビングからは少し距離をとりました。リビングではゆったりとくつろぎたいので、階段もあえて入れてないんです」と語る奥様。
L、D、Kが程よい距離を保ちながらも間仕切りを設けていない為、家族の気配を感じることができ、少し離れた場所からもそっと見守ることができるのだ。


「冬に友人が訪れても”足元があったかいね、木の香りもいいねっ”て言いますよ。」
床には無垢のパインを、壁全面には無添加漆喰を採用。自然素材が持つ風合いと質感が「くつろげる家。落ち着ける家」というこの家のテーマには欠かせない存在です。

今年2回目の冬を迎えるY様邸。これからもやわらかな陽だまりに包まれて家族のくつろぎの時間を重ねていくでしょう。

Y様邸 延床面積115,0㎡