close
住まいの訪問記

ホーム/住まいの訪問記/木と光と空を感じる暮らし

2018/02/16

木と光と空を感じる暮らし

変形した土地と高低差を活かし、駐車場やアプローチ、デッキや庭をバランスよく配置し、自然と調和されたI様邸。

家の前に広がる緑を取り入れながら、団地内に建てることで気になる近隣との視線の交わりを解消した住まいになっている。

実は、原工務店の設計士の兄家族の家でもあるI様邸。
「自分たちの思いを」思いを素直に伝えられる」
それを家を建てる上で大切にされたというご主人。

「私は家事動線と女性目線の家にしたかったんです。料理をしながらリビングで寛ぐ家族の姿が見渡せるし、窓の外に広がる四季も眺められるので癒されますよ。」
そう言ってキッチンを案内してくれる奥様。

キッチン背後に設けたバックヤードから玄関脇のシューズクローゼットへと繋がっていて勝手口へも行き来できるよう動線に工夫されている。

「これだけ大きな窓を開けても外からの視線を感じないんです。
陽当たりもいいし、風もよく通るので夏でも涼しいですよ。」とご主人。
屋根の一部をガラスにした明るいデッキテラスには近所の子どもたちが集まり水彩画を描くこともあるそうだ。

この土地にしかないロケーションをいかした設計で、家に居ながら自然を身近に感じられる心地いい空間が広がっている。

収納やダイニング横に設えた和室の場所と取り方など「住んでみてから気づくことがたくさんある」と教えてくれたご主人。

こちらは奥様お気に入りの洗面台。
大きな洗面台にタイル張りされた壁や棚など手作り感のある雰囲気が女性らしい空間。

『決まった間取りではない、家族の暮らしに合わせた自由な設計』だからこそできる住まいがそこにある。

「家の中にお酒を美味しく飲める空間があるなんて贅沢です!」
庭を見つめながら笑顔で語るご主人。四季の移り変わりを感じながら家族で寛ぎの時間を楽しめるI様邸でした。

I様邸 延床面積98.50㎡(29.8坪)